未経験からSEを目指すときに、そもそもSEとはどのような仕事をするのか、どうやったらなれるのか がわからないと困りますよね。

仕事の内容やSEの実態を知らないと、実際に業務を開始してから

こんなはずではなかった
想像していた仕事とは違う!

ということにもなりかねません。

そこでこの記事では、SEの仕事内容はもちろん、

SEとプログラマはどう違うか
SEに向いている人、必要な能力
SEの年収はいくらぐらいか
SEになるにはどうすればいいのか

を未経験者にもわかるように解説します。

SEとして15年以上働いてきた僕が、SEの良いところ悪いところ、注意点などを伝えようと思います。

是非、転職する前の参考にしてください。

SEとは?SEの仕事内容

SEはシステムエンジニアの略です。

SEの仕事といえば顧客のシステムを作り上げることです。システムはチームで作成しますが、その中でもSEが担当する部分はシステムを設計するところです。

システムを設計するためには、顧客からどのようなシステムを作るかのヒアリングをしなければなりません。(要件分析)

顧客からヒアリングした内容をまとめて調整する(要件定義)、システムをつくるための設計をする(基本設計、詳細設計)、できあがったシステムを確認して顧客に納品する(テスト)が大きな流れです。

一般的なSEの仕事は、下図の赤で囲んだ部分です。

一般的と書いたのは、プロジェクトの規模や会社によってSEの仕事の範囲が変わるためです。

1~5人程度で行う小規模なプロジェクトの場合には、きっちりと役割を分けないのでSEがプログラムを書いたり、テスト、運用・保守までやることもあります。

逆に大規模なシステム開発では、システムをパーツにわけて複数のSEで担当部分の設計を行ったりします。

設計以外の部分はSEが担当せずプログラマ、テスターが行います。

社内SEの仕事内容

SEにはもう一つ 社内SE があります。

社内SEは、社内で使う業務システムの開発、完成していて社内システムの運用・保守・機能改善、社内のトラブル対応、社内ネットワークの保守、サーバー管理、セキュリティ対策など、会社によって業務はいろいろです。

一般的なシステム開発を行うSEと社内SEでは仕事内容が大きく違うので、就職、転職する際にはどのようなSEが希望なのか、その会社のSEの仕事はどのようなものかしっかりと把握しておかないといけません。

SEの仕事内容:まとめ

一般的なSEの仕事内容

要件分析
要件定義
基本設計
詳細設計
テスト

 
プロジェクトの規模によっては以下のような仕事もします
プログラミング
テスト
運用保守

社内SEの仕事

社内のヘルプデスク
社内システムのメンテナンス
サーバー管理
ネットワーク管理、障害対応
外注管理
セキュリティ対策
社内のPCのトラブル対応
といった社内のIT関連業務

SEとプログラマの違い

SEは主に設計をする人、プログラマは実際にプログラミング言語を使ってシステムを作る人のことです。

SE:システムの設計を行う
プログラマ:設計を元にシステムを作る

プログラマを経験した後にSEにステップアップするので、

SE ≧ プログラマ

というのが一般的な認識です。

SEは企業によってはプログラムを書いたり、ヘルプデスクやサポート、管理業務をすることもあるので「なんでも屋さん」的な意味もあるのですが、SE、プログラマと明確に分けられているときには設計と実装という意味で使われます。

業界未経験でSE職で応募した場合には、いきなりSEの仕事をすることは、まずありません。

テスター、プログラマ、SEと段階を追って経験させていくということがほとんどです。

SEはなにがキツイのか?

SEの仕事で一番キツイのは、絶対に納期に間に合わせないといけないところです。

特に顧客向けの業務システムなどは、スケジュールがきっちりと組まれているので「納期通りできませんでした」が通用しません。

納期直前で、完成が危うい時には徹夜や休日出勤は当たり前、増員して対応と様々な手をつかって納期に間に合わせます。

これが毎日のように続くと、体力的にも精神的にも疲弊します。精神的に弱い人だとウツになることも珍しくなくSEやプログラマでうつ病になる人はとても多いです。

プロジェクトを経験していない人だと、スケジュール通りになぜできないのか?と不思議に思うかもしれませんが、突然の仕様変更、そもそもの計画の甘さ、メンバーの能力不足など要因はさまざまです。

スケジュール通りに問題なく進むというのは、PM(プロジェクトマネージャ)がかなり優秀で、顧客側もシステム開発に精通していないとなかなかできないことです。

まずほとんどのプロジェクトが最初に決めたスケジュール通りにいかないと思っていいでしょう。

SEに向いている人

SEは向き不向きがはっきりと出る職業です。

資格やなるための条件は特にないため、向いていないからSEにはなれないというわけではありません。

しかし、SEに向いていないのにSEになると一人前になるまでに相応の努力が必要です。

SEに向いている人は、

自ら進んで学ぶ意欲のある人
コミュニケーション能力が高い人
問題解決能力が高い人

自ら進んで学ぶ意欲のある人

どんな仕事でもそうですが、やはり勉強熱心な人は仕事ができます。

特にSEはIT業界のツールやトレンドを知っていないと、できるSEにはなれないので、他の業界以上に自ら進んで学ぶ意欲が必要です。

コミュニケーション能力が高い人

コミュニケーション能力は、SEでかなり使う能力です。

SEはプロジェクトが始まると営業担当、顧客、メンバーと接するのでコミュニケーションが多く発生します。

具体的には、顧客から要望を聞き出す、要件をまとめて説明する、仕様変更、追加開発やトラブル時に交渉する、メンバーに仕様を伝える、メンバーの進捗やトラブルに対応することもあり、ほぼ毎日のように人と接します。

問題解決能力が高い人

問題解決能力は、プロジェクトに問題が起きたき、ユーザーから無理な要求をされたとき、スケジュールが間に合わないとき...あらゆる問題に対し、どのように解決したらいいか自分で判断する能力です。

これは、実際に問題が起こらないと能力があるかどうか判断が難しいのですが、今までの人生で困難に直面したときにどのように切り抜けてきたか、人付き合いのトラブルでうまく対処できたかといったことで判断できます。

問題解決能力が高い人は、SEに限らず総じて仕事ができる人といえます。とはいえ、問題解決能力が低くともSEになれないわけではありません。メンバーと連携してうまくサポートしてもらうなど、フォローは十分に可能です。

SEに必要な能力

SEの主な仕事は、システム設計です。

システム設計以外にも、

開発するシステムのヒアリング
顧客との交渉
開発ドキュメントの作成
スケジュールの作成
開発の管理
システム全体の把握と問題の解決

といった多くの仕事があります。

本来SEはぷグラミングをしません(中小などではプログラマと兼務することもある)プログラミングはプログラマの仕事です。しかし、SEはプログラムを知らなくていいということはありません。

プログラムを知らないと、どのようにシステムを作ればいいのかわからないからです。

実は現場にはプログラムを知らないSEというのは結構います。実際にプログラムができなくともSEはできちゃいます。ただし、プログラムを知らないとトラブル時の問題解決能力や、スケジューリング能力が劣る印象があります。

また、システム開発中にも顧客とコミュニケーションをとることがありますが、プログラムを知らないと毎回プログラマを帯同してプログラマの意見に頼ることになるので、プログラマの提案が正しいかどうか判断できないということもあります。

SEの年収

平成28年の経済産業省の調査ではSEの平均年収は

588.7万円 です。

他の職種の平均値が約450万円なので業種全体でみると年収は高めです。

参考:IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

年齢別 SEの平均年収

年齢別でみると40代まで登っていき、そこをピークに下落していきます。

25歳ぐらいから大幅に年収が上がっているので、業界的にも5年程度で一人前になれるということでしょう。

未経験からSEになるための4つの方法

未経験からSEになるためには、いくつかの方法があります。

一番効率が悪いのは、本を独学で学んでSEになるケースです。

本を読んで勉強することは必要なことですが、あくまでも表面的な知識をつけるだけです。

IT業界、特にプログラマやSEへの転職には実務が重要です。

ただし、20代中盤ぐらいまでなら実務経験やITの知識がなくとも意欲さえあれば採用されることもあるので、まだ若いなら転職エージェントに相談して未経験の若手を採用している会社を紹介してもらうのがもっとも効率がいいでしょう。

未経験からSE・プログラマになるポイントについては以下の記事を参考にしてください。

未経験からの転職先の選び方については以下の記事が参考になります。

20代中盤以降でIT企業に転職したいなら、採用で有利になるために以下の4つの方法があります。

1.転職支援プログラムに参加する

転職支援プログラムは、無料で受講できるもの有料のものがあります。

1~2ヵ月の受講でITや業界についての知識が得られるので、独りで学習するよりも効率的にノウハウが学べます。

受講後には、提携している優良な転職先へ紹介もしてもらえるので、まったく業界への足掛かりがないならきっかけとしていいでしょう。

無料の転職支援プログラムは、企業の養成機関

「受講料無料の上に就職先も紹介してくれるなんて最高!」と思った人はちょっと待ってください。

何事も無料の裏には理由があります。無料のプログラミングスクールは、提携先の企業の従業員養成機関でもあります。

提携した企業(複数ある場合もある)に入社しなければならないといった条件があります。

そうです。あなたが技術を身につけて入社したいと思っている会社には入れないこともあるのです。

とはいえ、提携の企業は有名な良企業も多いので、それでもとりあえずIT系の会社に入って実績をつけたいというのもいいでしょう。

2.プログラミングスクールに通う

いきなりSEになることはできないので、まずはプログラミングを学ぶのですが、最近ではプログラミングスクールで転職支援もしてくれるのでプログラムを学び、転職とうまく流れができています。

プログラミングスクールに通っても、実務経験とはみなされないことが多いのは確かですが、カリキュラムのしっかりしているところはチーム開発なども行っているので、独学だけで転職にのぞむ人よりも面接でアピールできることは多くなります。

プログラミングを最短で習得する方法については、以下の記事を参考にしてください。
未経験からプログラマに転職するためのベストな勉強方法-最短3か月で可能!

3.派遣から経験を積んで正社員を目指す

プログラムの実務を積むには、実際に業務をするのが一番です。

派遣といってもプログラマとしての業務内容は変わらないので、業務経験として見られることが多くまったくの未経験よりかなり有利です。

派遣なら未経験でも比較的採用されやすいので、正社員で採用されない場合にはこのルートで攻めるのもいいでしょう。

派遣の問題点は、「正社員になれない人」という目で見られかねないことです。派遣として数年は働かないと経験として見られないということもあり結構つらいです。

4.研修制度のある企業へ応募する

今すぐに正社員として働きたいというなら、未経験でも研修してくれる企業を探すしかありません。

しっかりと研修してくれて給料もでるのなら、無料のスクールよりも断然いいですよね。

数年働けば、実務経験もばっちり詰めるのでその後の転職もかなり楽になるので最初の転職先としてはこの上ないです。

ただし、優良企業で研修制度があるところは、人気がある上に良い企業か研修とは名ばかりのブラック企業かは、なかなか自分で判断するのが難しいです。

未経験だと人気の企業に入るのは難しいですが、自分でよく調査するとともに、転職エージェントを使って企業の内部情報をよく知ることも失敗しないコツです。

未経験からのIT転職におすすめの転職エージェントは以下の記事で解説しています。

おすすめの記事